マケプレで 生き残るため すべきこと

      2015/06/30

量の増大は、質の低下を生む。
密林マケプレは、誰でも参加できる・・・というか、
参入障壁が低いので、副業紹介ムックにもよく取り上げられ、
新たに参入してくるヒトは、増える一方。
ただ、冒頭にも書いたとおり、量の増大は質の低下を生む。
他の出品者の足を引っ張るような行動を起こす、
そんな残念なヒトが、増えてしまった。
続きを読む前に愛ある応援ポチッとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

副業ではじめるヒトだけでなく、アヤシゲな偽物を販売する、
そんな日本国外からの出品者も増えてしまった、今日この頃。

当然、密林様としては、マケプレの質を低下させたくないから、
何らかの対策はとってくるはず。

私が密林様で購入者として、初めてアカウントを作った頃は、
マケプレの出品者の質は、もっとよかった。

福祉系のNPO法人が、古本や中古CDを販売して、
活動資金にしていた。
NPO法人の職員が不用品を持ち寄ったり、あるいは、
友人・知人から不用品の寄付でもしてもらっていたのだろうか。

廃盤になってしまった、クラシックのCDをそのNPO法人から購入したけれど、
モノもちゃんとしていたし、対応もちゃんとしていた。

それが、今はどうだろう。

ライバル出品者の足を引っ張るつもりなのか、
注文を保留にして支払わず、そのままほうっておき、
自分の出品をちゃっかり売り、相場が下がった頃にキャンセルしたり。

あるいは、コンビニ受け取り払いにしておいて、
コンビニに受け取りに行かず、
相場が下がるまで、ほうっておいたり。

でも・・・。

そういう、不自然なキャンセルや保留を何度も繰り返したり、
出品者に難癖つけたりしていると、いずれ、密林様の鉄槌が下る。

基本、密林様は、購入者に甘く、出品者にキビしいけれど、
不自然な商取引を繰り返す購入者には、
情け容赦なく鉄槌が下る。

不自然な注文キャンセルが一定数を超えると、
問答無用で購入者も垢バンを喰らう。

一度この垢バンを喰らうと、最低5年、
密林様で新しく購入・出品用のアカウントを作れない。
そればかりか、アメリカ・カナダ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・・・。
世界各国の密林様でも、アカウントを作ることができなくなる。

さらに、もし同居家族が密林様のアカウントを持っていたら、
そのヒトも、巻き添えで垢バンを喰らう。

多分、家族名義で取り直す、ことをできなくするために。

人気ブログランキングへ

昨今の密林様の動向を思い出してみると・・・。
小口出品者にも、特定商取引法に準じた表記が義務付けられ、
個人出品者が、古雑誌の新規商品登録ができなくなり、
密林様限定商品のDVDやブルーレイ、
ゲームなどの予約受付段階での出品ができなくなり・・・。

どんどん、出品者に対しての厳しさが増して来た。

でも、当たり前のことなんやけれどね。
お客様あっての商売、ということを、
安易な気持ちで参入してきた出品者、持ってないみたいやし。

いずれ、中古を扱う出品者には、古物商免許番号の記載が、
義務付けられるだろう。

より厳しさを増すけれど、マケプレの健全化のためには、致し方ない。

逆の見方をすれば、プロ意識をもって出品していれば、
痛くも痒くもないことやから、長い目で見ればプラスになるし。

これから、密林マケプレで生き残っていくためには・・・。
お客様にモノを購入していただく、プロとしての意識を、
強く持たなアカン、ってことよね。

出品者としての、自身の質を向上させること。
それこそが、密林マケプレで生き残っていく術。
うん。

一旦治りかけた風邪が、しぶとくぶり返してきた・・・。

 - せどり, せどりノウハウ