世話焼きは 現実逃避の 裏返し

   

ヒトのことをやたらと心配して、何かと世話を焼くヒト。
どうかすると、自分のことより、ヒトのことを優先していたりする。
そういうヒトは、ヒトのことを心配することで、
自分の抱えている、解決しないといけない問題から、目をそらしてるんだよ。
以前、そんなことを、東大出のイケメン上司に言われたことがある。

続きを読む前に愛ある応援ポチッとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

東大出のイケメン上司がそんなことを言ったのは、
やたらとヒトの世話を焼きたがるだけでなく、
いろんなことに首を突っ込みまくっているヒトが、職場にいたからだった。

自分がやるべきこと、片付けるべきこと、解決すべき問題。
そういったものが、誰にでもある。

もちろん、その職場の世話焼き人にも。

でも、そういったものから目を背けていたのか、
ヒトのことにばかり首を突っ込み、時間の使い方がとても下手。

それで、いつもわさわさと忙しがっていて、自分がやるべき仕事を、
後輩に手伝わせたりしていた。

東大出のイケメン上司だけでなく、職場全体のヒトたちが、
その職場の世話焼き人に対してシビアな目を向けていたのは、致し方ない・・・と思う。

やるべきことを手伝わされた私が、ぶつくさと東大出のイケメン上司に愚痴をこぼしたとき、
あれは、自分の抱えている問題から目をそらすための、一種の代償行動なんだよ、と。


人気ブログランキングへ

例えば・・・。

やらなければいけないことがあるとき。

もうじき定期テストがあるのに、漫画を読んでしまったり、
ゲームをやってしまったり。

こういう行動って、目の前にぶら下がる「定期テスト」という問題から、
目をそらせるための、現実逃避、でもあるよなぁ・・・。

そんなことを思い出しながら、東大出のイケメン上司の話に、うなづいた。

東大出のイケメン上司がそんなことを言ったのは、
おまえはあんな風になるなよ・・・と、遠まわしに言いたかったんだと思う。

ヒトのことにかまけているのは、「忙しいから、自分のことまで手が回らない」と、
自分が解決すべき本当の問題から、目をそらすための、言い訳、でしかない。

そうやって、ヒトのことにかまけて自分の問題から目をそらし続けた結果、
抱えている問題はますます肥大・巨大化し、職場の世話焼き人を直撃した。

気の毒ではあるけれど、逃げ続けたことで発生した自業自得。

自分を助けるのは、結局自分自身。

まず、自分のことをちゃんとしてから。
誰かのための助けになれるとしたら、それから。

ハタで見ていて、そんな風に思ったのだった・・・。

大きな問題は、逃げずになんとか打開策、考えないとアカンよね。

まあでも・・・。

日常的な細々としたことでは、ちょこちょこやってしまうけれど。
この現実逃避行動。

今日も、やるべきことをほったらかして、漫画読んじゃったけどさ。

たまには、いいことにしよう、うん。


何だか、身体がだるいんよね~~~。

 - せどり, せどりと日常のつぶやき