予備基盤 手にし備える 魔改造 〜おのれ、Apple Pro Speakersめ!その2〜

      2016/06/17

ドライバを探し当てたけれど、インストールがうまくいかない、
憎ったらしい毒林檎純正スピーカー。
それでも、大きさの割に音がいい、デザインがなんだかオシャレ、に見えるので、
「林檎」ユーザーだけでなく、「窓」ユーザーも、なんとかして使いたい、と願う、
そんな先人がネット上には大勢いる。

ドライバがどうしようもなさげなので、こうなったら、
ネット上の先人を見習い、純正スピーカーを、魔改造するしかない。

先日、秋葉原に部品調達に行ったのは、実は、この純正スピーカーの、
アンプの基盤を買うため、でもあった。

は?

なんで、「林檎」の、昔の製品の、部品があるの?とツッコマれるかも。

G4 CUBEは、スティーブ・ジョブズが、デザインと性能の良さで、
爆売れするだろう、と自信満々に、世に送り出した製品だった。

でも、いまひとつ、世の中には受け入れられなかった、と言うか。

ライトユーザーは、同時期に存在していた、iMacを購入したし、
ヘビーユーザーには、スペックがいまひとつ響かなかったのか。

たった1年で、生産終了してしまった。
大福だって、2年ちょい販売してたのにねぇ。

アンプの基盤を生産していたのは、日本の部品メーカーだったのだろう。

そしておそらく、生産終了で、大量に残った基盤を毒林檎は引き取らず、
それらは、メーカーの手元に残された。
現金化したいメーカーは、当然、欲しいヒト向けに販売する。

こうして、毒林檎純正スピーカーのアンプ基盤は、秋葉原で入手出来るようになった。

島野製作所が毒林檎を訴えたのがニュースになったことで、
明るみに出た、下請けメーカーに対する毒林檎のえげつなさ。
ティム・クックになって悪化したように見えるけれど、
実はジョブズが元気だった頃から、その傾向はあったんかも。

先人のサイトによると、この基盤、以前は1500円くらいで売られていたらしい。
それが、だんだん値を下げていき、先日、私が購入した時は600円。
この値段で予備の基盤を手に入れられるのは、ありがたや。

アンプのケースを開けて、魔改造するときに、
万一、基盤から端子を剥離させてしまったら、使い物にならなくなる。

そうなったらマズいので、予備基盤が手元に欲しかった。

私が下手の横好きの電子工作をやりだすと、我が家の大きな子供(夫ともいう)が、
「手伝ったろか?」とちょっかい出してくるけれど、
ヤツはもともと「窓使い」なので、林檎を弄らせると、なぜか悲惨な結末になるのである。
一張羅の基盤を破壊されたら、元も子もないがな。

首尾よく予備を使わずに魔改造成功した場合は、
基盤を使いまわせばいい。
それに、何よりも安いから、ホンマにありがたや。

ただ、もし、el capitan自体の問題で、USBスピーカーが使えないとしたら、
魔改造が無駄な作業に終わってしまうので、それは避けねば。

とりあえず、他のUSBスピーカーを試してみて、それで音が出れば、
毒林檎純正スピーカー自体の問題になる。

魔改造するのは、それからやな。

不具合の問題は、切り分け、可能性を一つずつ潰していくのが一番。

というわけで・・・。

オシゴトの合間の息抜きに、こんなことをせっせとやっている、今日この頃。

面白いけど、オシゴトよりイラっとすることが多く、息抜きになっとらん気も・・・しないでもない。

 - せどり