大人気 鳥獣戯画は ガチャまでも

      2016/06/12

子供の頃から、鳥獣戯画が好きやった。
昨年の上野での展覧会は、招待券を2枚いただいたので、
上期、下期、それぞれ1回ずつ観に行った。
作品保護の観点から、展示替えがあったのよね。
長蛇の列、3時間待ち。
さすがに、伊藤若冲の6時間待ちは耐え切れず、諦めたけど。
鳥獣戯画だと我慢できるのは、愛?

さて。

その鳥獣戯画、なんだか以前よりもさらに人気が高まったような感じ。

もともと、人気の高い国宝で、小学館の雑誌、和楽が創刊された時には、
創刊号から半年間、毎号、海洋堂が作成した、鳥獣戯画のフィギュアが付録についた。

当時、和楽は書店で購入することができない、年間購読(半年もあったかも)のみ、
毎号ご自宅にお届けします、というスタイルで販売された雑誌。

もちろん、私。
鳥獣戯画のフィギュア目当てで、年間購読しましたとも。
そしてもちろん、その和楽の付録フィギュア。
我が家に、大切に保管されている。

その和楽も、宅配、年間購読だけでは販売が厳しかったのだろう。
1ヶ月だけでも宅配購入が可能になり、そのうちに書店でも購入できるようになった。
そして、今では毎月発行から、隔月刊に。
雑誌が売れない、出版不況が透けて見える事態になっている。

話がそれてもうた。

鳥獣戯画、漫画のルーツとも言われている。
鳥羽僧正が描いた、と言われていたけれど、近年の研究では、
宮廷絵師集団が描いたんじゃないか、と言われている。

鳥獣戯画関連の書籍もいろいろ出ているけれど、
ついに、というか、とうとう、というか。
カプセルガチャにもなった。
第一弾がこちらで、

第二弾がこちら。

第三弾は根付らしい。

一つ300円のカプセルガチャの、コンプリートセット。
密林様でプレミア価格になって、上に紹介した感じ。
どちらのガチャも、リリースされてあっという間に、売り切れ。
それにしても、すごい人気。
中には、コンプリートして、ヤフオクや密林様で売るぞ、と考えたツワモノがいただろうけれど、
第一弾も第二弾もなんだかかわいらしくて、手元に欲しい、と思ったヒト。
それだけ、大勢いてはった、ってことなんやろうなぁ。

全種首尾よく揃えたとして、7種の場合、2100円。
プレミア価格でも、全種揃えたいヒトにとっては、手間暇かけるより、
高くてもいっぺんに、確実に揃えられるのがいいんよね。
ビジネスの基本は、顧客の問題解決。
漫画の全巻セットが、バラ売りで揃えるより高くついても、売れるのも、
確実に一気に手元に入手できる、からよね。

そう、ビジネスの基本は、顧客の問題解決。
こんなところにも、透けて見える。

夏に向けて扇子新調。
白檀の香りが気持ちいい。
扇子って、男女用分かれてるけど、大きさの違いだけで、女性が男性用使ってもOK。
扇子袋も、この柄で新調してもうた。
ちなみに、密林様では、再入荷の見込みなし。

密林様で検索すると、鳥獣戯画グッズ、わんさか出てくる。
大人気やねぇ・・・。

 - せどり, せどりと日常のつぶやき