少しだけ 視点ずらすと 増えるもの

   

リサーチしていて、気になったものを見つける。
昨日、あちこち訪ね歩いて、在庫確保。
それで疲れてしまい、このへっぽこアホアホサイト、更新サボり。
仕入れたのは、新品だから、検品も中古ほど必要ないし、
この記事書いたら、出品作業するべし。
続きを読む前に愛ある応援ポチッとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

先日、中古でもプレ値がついている、とあるCDを仕入れた。
でも、ケースに細かなキズが結構ある。
新しいケースに交換しようかと思ったけれど、あいにく在庫切れ。

↑ こんな感じのやつ。

最近は、薄型が流行りで、昔ながら(?)の厚みのあるやつが、
PCサプライを扱っている店舗でもあまり見かけないような気もする。

あまりにキズがひどい場合は、ケースを交換するけれど、今回は磨くことにした。

中身のCDにもキズがついていたら、磨く。
CDの研磨機としては、これが有名やけれど・・・。

使い方にクセがあるらしく、我が家では導入を見送った。
使い心地は、パソ活さんのブログに「CD研磨機SIMO-R1使ってみた」
という記事があるので、気になるヒトは読んでみよう~。
じゃあ、CDやDVDのキズ、どうやってメンテしてるか、と言うと・・・。

OAサプライでも、オーディオサプライでもないものを用いて、メンテしている。

それが、これ ↓

車やバイクのメンテナンス用品やけれど、研磨の目が細かいので、
CDやDVDの盤面の細かなキズ、浅いキズなら、これでキレイになるし、
CDケースの細かなキズも、これでキレイになるんよね~。

これを、メガネ拭きにちょこっと付けて磨き、また別のメガネ拭きで拭き取る。
そうすると、キレイな状態になる。

この液体コンパウンドを使うときは、目の細かいモノを使うこと。
間違っても、目の粗いモノを使ったらアカンよ。

専用の道具を使わなくても、身近なモノでも、中古CD・DVDのクリーニングはできる。

ちょっと視点をずらすだけで、使えるモノが増えるのと同じように、
視点をずらすだけで、仕入れられるもの・場所は増えてくる。

本が買えるのは本屋さんだけではないし、CDやDVDもそう。
今まで、考えてもみなかったところに、プレ値化したモノが残っていたりする。

仕入れられるもの・場所を増やしたいのであれば・・・。

これまでの固定観念を捨てて、自宅近くの店舗をまっさらな目で見てみる。
そうすると、「こんな店にこんなものが!」とか。
「こんなところに、こんなお店あったん?」という、発見がある(かもしれない)。

これまでと、ちょっと違う視点で、いつもの風景を見てみると、
意外な発見があったりするので、一度視点ずらしてみよう~~。

さて・・・。

クリーニングと出品作業、続きをやるかぁ・・・。


人気ブログランキングへ

 

 - せどり, せどりノウハウ