特商法 考慮しつつも 身を守れ~!

   

ネットビジネスの実践者は、その多くが男性だ。
女性は圧倒的に少ない。
そして、女性がネットビジネスに取り組むにあたり・・・。
必ず考えなければならないことがある。
それは何か、と言うと・・・。
続きを読む前に愛ある応援ポチっとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

どうやって、自分自身の身の安全を守りながら実践するか、ということだ。
顔写真・本名・住所など・・・一旦、ネット上に流出したら、取り返しがつかない。

ただ、ここで考えなければアカンのが、特定商取引法だ。

密林マケプレを始める時に、大口出品にするか、小口出品にするか、で悩むところ。
カートを取る条件でもあるから、大口にすべきところだけれど・・・。
大口出品者には、特定商取引法に基づき、代表者名・住所・電話番号の開示の義務がある。
女性がこういう情報をネット上に開示すると、・・・。
注文して保留のままにする、不当に返品・返金を要求する・・・。
そういった類の、嫌がらせ被害を受ける危険もある。
そういう危険を避けるため、敢えて小口のままにする、というのも一つのテ。
大口にするのであれば、できれば・・・。
事務所などを借り、連絡先をそこにして、自宅住所を公開しないようにしたほうがいい。

男性でも、有名なせどら~になると・・・。
今は亡き黄昏おやじ様のように、自宅に大量の1円本を送りつけられる、という被害もあるそうだから。
また、月商をブログで開示するのは、読者の信頼を勝ち取るには非常に有効だけれど。
女性が「月商100万達成しました!」なんて証拠画像開示したら・・・。
それを妬んで、嫌がらせをされる危険性もある。
そういう情報開示は、限られた場所でやった方が安全。

メルマガを発行し、ブログなどで情報商材を紹介するアフィリエイトをやる場合も・・・。
特定商取引法による、表示義務がある。
これも、女性が表示する場合には、ひと工夫を加え、単純に検索で引っ掛けられないよう・・・。
考えて公開したほうがいい。
そのやり方については、ここでは公表しないけれど。

ネットでビジネスをやる以上、関連する法律は遵守すべき。
そういったものを遵守しつつも・・・、
女性の場合は、身の安全を守るために、用心に用心を重ねるべし。

先日、とある女性せどら~が、ネット上に・・・。
密林マケプレの屋号名と現住所を晒される被害にあったけど・・・。
そんなことにならないよう。
用心はしすぎてしすぎることはないのだから。

人気ブログランキングへ
3月も7日目なのに、まだまだ寒いねぇ・・・。

 - せどり, せどりノウハウ