紀伊國屋 買い切り吉凶 どう出るか

      2015/09/11

池袋に行く用事があったので、リブロの跡地に行ってきた。
居抜きで三省堂書店になったところ。
とは言っても、書籍館のほとんどが改装工事中で、
居抜きで営業しているのは、地下一階の元々単行本・文庫本・雑誌があったフロア。
それも、店舗面積を縮小した状態になっている。

続きを読む前に愛ある応援ポチッとな♪

人気ブログランキングへ

地下一階のジュンク堂に近い方も閉めた状態で、改装工事中。

書籍館も含め、改装工事が総て終了し、全フロアで営業開始されるのは、
今年の冬、12月頃になるみたい。

現在は、地下一階の半分のスペースに、単行本・文庫・雑誌がぎゅうぎゅう詰め。
棚の配置は、リブロのそれをそのままに使っているけれど・・・。

単行本も、様々なジャンルのものが数を絞って置かれているから、
リブロの頃の品揃えを思い出すと一抹の寂しさが。

それも、今年の冬までの我慢、なんやろうけれど・・・。

この品揃えだと、これまで以上に、ジュンク堂に客足奪われてるんちゃうやろうか。

何だか、駅ビルの中にある、売れ筋の書籍を重点的に扱うような書店みたいな品揃え。
専門書をじっくり品定めするような雰囲気ではない。

リブロの跡地が三省堂になった、と期待していくと、「あれ?」と肩透かしを喰らうかも。

結局、探していた目当ての本は元リブロ・現三省堂では見つからず、
一旦建物の外に出て、明治通りをわたり、ジュンク堂まで歩いて探しに行く。

ジュンク堂も、丸善と合体したけどさ・・・。

ホンマに、本屋さんって経営キツイんやなぁ。

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

それなのに、か。
それだから、か。

紀伊國屋書店は、村上春樹の新刊を、初版の9割を買い切りで、今日から販売。
初版10万部やから、9万部を買い取ったことになる。
そのうち、4割は紀伊國屋書店が、残りは取次を通して、同業他社の書店に卸すそうな。

通常、日本の出版社が販売する書籍は、取次を通して、返品可能。
中には、岩波書店のように、買い切りで返品できない出版社もあるけれど。

密林様への対抗策なんかいなぁ・・・?!

9月10日夜の段階で、密林様本体在庫あり、
他のネットショップにも在庫有り。

9割買い切りしても、残り1割の大半を密林様がとったんやろうなぁ。
他のネットショップには、紀伊国屋経由取次の在庫が流れたんやろう、と思う。

決して、紀伊国屋にいかなければ手に入らない、という状態ではないし。

紀伊國屋書店のこの試み、どう転ぶんやろう。
底意地悪く、観察していようっと。

以前、従業員の採用で、女性に対して差別的な基準を設けていたことがある、紀伊國屋書店。
今は流石に撤廃してるやろうけれど。

大手書店の中でも、イマイチ好きになれないのは、その印象が強いせいかも。

今回の買い切りにも、何か共感できないものがあった。
これが、三省堂とか芳林堂とか有隣堂とかがやってたら、また違った感想やったのかも。


風邪がしぶとくてかなわん・・・。

 - せどり, せどりと日常のつぶやき