讃美歌と 聖書に思いを 馳せる夜

      2014/08/22

クリスマスイブ、ですね。
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

本当のイエス・キリストの誕生日は3月らしいのですが・・・。
まあ、それは置いといて。

密林マケプレに出品なさっているせどら~の皆様は、
クリスマス商戦に備え、人気のあるCDとかDVDとかを同商品多数出品し、
繰り返し販売されたことと思います。

今年せどりを始めたばかりで、そこまでまだ考えてなかった~とか、
おっしゃる方は、経験値を積んで来年の年末商戦を戦いましょう♪

さて・・・わたくしめ自身はクリスチャンではないのですが、
子供の頃、友達に誘われて毎週日曜に教会のミサに参加していました。
というわけで、有名な讃美歌はソラで歌えたりするのです。
(カトリックでは聖歌・プロテスタントでは讃美歌、と呼びます)

この讃美歌曲集と、聖書は何度か販売していますが、根強い人気があるようですね。
信者ではない方も購入している、ということなのでしょうね。

讃美歌集はこれ↓

聖書はこれ↓

この聖書は、カトリックとプロテスタントが初めて共同で翻訳した聖書です。
それまでの聖書はプロテスタントの訳したものが多く出回っていました。
旧約聖書外典(アポクリファ)が聖書に収録されたのもこの共同訳が初めて、でした。
(画像は収録されていない版のものです)

以前の聖書は、口語訳とは言え表現がなんだかかたくるしい印象だったのですが、こ
の新共同訳ではそのかたくるしさがなくなり、口語として読みやすくなった、と言われています。
同時に、聖書に詳しい方々からは、意訳しすぎ、という批判もあるようですが。

「せどりの眼」でも、聖書は良く売れる、と紹介されていますが、
一口に聖書、と言っても、文語訳・口語訳・新共同訳・新改訳・・・と、さまざまな版があります。
ややこしいですが、どの版が人気が高いか・・・など、
リサーチしてみるのは決してムダではありませぬぞ。

ブックオフで「聖書って売れるって書いてあったよね~、せどりの眼に~」と、
キリスト教系の幼稚園の卒園記念品の聖書をせどったりなさいませぬよう、皆様。
人気ブログランキングへ
き~よし~こ~のよ~る~ほ~し~は~ぽちっとひ~か~り~♪

 - せどり, せどりノウハウ