骨折か 足の甲腫れ 内出血

   

昨日、掃除と洗濯に勤しんでいた。
そのさなか、事件は起こった。
掃除機をかけていて、モノを動かそうと掃除機を止める。
モノを持ち上げて、掃除機のホースを避けて、足を下ろしたハズ・・・やった。
ところが!!!
あろうことか、掃除機のホースの上に左足が乗っかってしまった!
バランスを崩し、こけそうになる。
咄嗟に踏ん張ってこけずに済んだけれど、足に一瞬、痛みが走る。
これまで、感じたことのないような痛み。

続きを読む前に愛ある応援ポチッとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

思わず「痛っつ!」と声を上げてしまったほどの痛み。

そのまま、その場にヘタリ込み、しばらくじっとしていると、
痛みはすうっと引いていった。

「捻挫でもしたんかいな?」と思い、とりあえず、保冷剤で冷やす。

暑かったので、保冷剤をそのまま足の甲の上に乗せ、
動かないように夏用の薄手の靴下で固定。
これだけ暑いと、凍傷を起こすより先に、周囲の熱気と、
炎症起こし始めたかもしれない患部の熱で、
保冷剤もすぐに柔らかくなってしまうに違いない。

掃除の途中やし・・・。
そう思いつつ、保冷剤で患部冷やしつつ、
家事労働を続ける。

案の定、カチカチに凍っていたはずの保冷剤、
あっという間に柔らかくなっていく。

その度、新しい保冷剤を靴下の中に突っ込む。

もう、特に痛みは感じない。

家事労働を終え、保冷剤の替えも使い果たした頃、
靴下を脱いでみた。

「・・・?!」

掃除機のホースを誤って踏んづけて、へたりこんだときは、
足の甲に、骨やら静脈やらがくっきりと見えていた。

ところが、それらのものが見えなくなってしまっている!
しかも、内出血している箇所もあるではないか!!!

「これ・・・もしかしたら、ヤバイんか・・・?」

とりあえず、保冷剤切らしたけれど、氷をビニールに入れて、
さらに冷やす。


人気ブログランキングへ

そうこうするうちに・・・。

休日出勤やった、我が家の大きな子供(夫とも言う)、帰宅。
(ヤツは、しすてむえんじにあという種族のイキモノである)

「あんなぁ、ここ、怪我した」

「どないしたん・・・?うわっ!!!」

「あんさん、これ何やったん?!!!」

カクカクシカジカ、と説明する。

我が家の大きな子供(夫とも言う)は、学生時代バスケをやっていて、
症状ごとの怪我の見極め・応急手当などに長けている。

とりあえず、冷やし倒したことは、応急手当としては正解。

しかし・・・!

ヤツ曰く。

「あんさん、これ・・・骨折してるかもしらんで」

「でも、痛くないし、歩けるでぇ」

「どれ・・・この辺、痛くないんか?」と、内出血箇所を触る。

特に、痛みはない。

「とにかく、湿布しとき!」

そう言われ、冷湿布を貼る。

ついでに、ヤツの足首用サポータを借り、湿布の上から巻く。

今朝、湿布を取り替え、また足首用サポーターを巻いたあと、
1日なんやかやと忙しく過ごして、夕方足首用サポーターを外し、
湿布をはがすと・・・。

腫れが引くどころか、内出血箇所、
増えてるやんけぇ~~~~!!!!

生まれてこのかた、一度も骨折したことないけれど・・・。

今回のこれは、マジでヤバイかも。

我が家の大きな子供(夫とも言う)に・・・。

「整形外科行ってこいよ!!!」と昨日言われたけれど・・・。

この内出血の広がりと腫れを見たら、引きずっていかれるかもしれない。

それに何より・・・。

世間一般は、もうじきお盆休み。

病院行くなら、早めに行かねば!

それにしても・・・痛くはないのに、腫れと内出血、ヒドい~~。

やぁねぇ・・・。


腕の良い整形外科医、近所にあるから~~~。

 - せどり, せどりと日常のつぶやき