マツコロイド 電気羊の 夢見るか?

      2015/06/14

毎週、土曜の夜11時に、日本テレビ系でやっている番組、
「マツコとマツコロイド」。
大阪大学の石黒教授が開発した、マツコロイド(アンドロイド)と、
マツコ・デラックスさんによる、世界初(?)の、アンドロイド出演バラエティ。

石黒教授は、人間国宝やった、故・桂米朝師匠のアンドロイドを制作した教授。
当時、存命中やった米朝師匠がご覧になって、「よう似てて気色悪い」と、
おっしゃったほど、精巧な出来具合。
ただ、噺は、プリセットしたものを2つだか3つだかできるだけの状態。
ちなみに、当時の制作費、約8千万円なり。
続きを読む前に愛ある応援ポチッとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

何年か前までそんな状況やったのに・・・。

技術の進歩ってホンマにスゴい。

マツコロイドも、最初は何だかぎこちない感じやった。

でも、どんどん改良され、妙に人間臭さを発揮し始めた、というか・・・。

今夜のオンエアは、とうとう、浅草の演芸場で、漫才まで披露!
しかも、これまでずっと椅子に座った状態で出演してたのに、
演芸場では立って漫才しているし~~~。
マジ、びっくり。

世界初の試みである、アンドロイドとの漫才に挑戦したのは、
実力たっぷりの漫才コンビ、ナイツ。

ボケ担当の塙さんがAIでマツコロイドのボケのセリフを打ち込み、
それにツッコミ担当の土屋さんが突っ込む。
塙さんは隠れたところにいて、舞台上には、マツコロイドと土屋さんのみ。

舞台の幕があいたとき、知らされていなかったお客さんたちは、
そこにマツコ・デラックスさんと土屋さんが立っている、と思ったみたい。

マツコロイドが「どうも、マツコロイドです」と挨拶して、
「ああ・・・」と、ちょっとびっくりしたような、そんな反応。

世界初の試み、アンドロイドとの漫才。

一体、どうなる・・・?!

人気ブログランキングへ
ハラハラしながらオンエアを見ていたけれど、
さすがはナイツ。

マツコロイドの特性を活かして、きっちり会場から笑いをとっていた。

終わったあと、「もう二度とやらないよ」なんて言っていたけれど、
ホンマに大変やったろうなぁ・・・。
ネタ合わせもオンエアしていたけれど、かなり苦戦していたし。
それでも、本番までにきっちり仕上げてくるのは、ホンマにスゴい。

マツコロイド、細かな動き(瞬きとか)もできるけれど、
歌を歌ったり、モノマネをしたり、という芸は流石にこなせない。
それでも、スゴい。
この技術の進歩。

マツコさんがオンエアで最後に言っていたけれど・・・。

アンドロイドの能力がどんどん上がって行ったら、
ニンゲンの価値が下がって行っちゃうんじゃないか、という不安。

確かに、そういう不安も湧き上がってくる。

そんな未来、もうすぐそこまで来ているのかもしれない。

まあ、その前に・・・。

石黒教授は、米朝師匠のアンドロイドの、プリセット噺をゼヒとも増やしておくんなまし。

アンドロイドでもいい、米朝師匠の落語、もう一度観たい・・・。

 - 日常のつぶやき