頭痛持ち 専門外来 受診しよ~。

      2016/12/18

オールマイティまいさんによる、「トレンドせどり」のWEBセミナー、10月4日午後8時より。
参加費は無料!
当日、都合が悪くても後日録画を視聴できるそうなので、登録だけはしておきませう~♪
申し込みは↓からどうぞ。
(このキャンペーンは終了しています)

如何にして トレンド、せどりに 活かすべき?

さて。
今朝、起きたときからヒドい頭痛がする。
とりあえず、鎮痛剤を飲んで横になっていたけど、頭の左半分が心臓の鼓動に合わせてズキズキする。
う~ん・・・。
昼ごはん食べてロキソニンも飲み、また横になる。

午後5時すぎくらいから、やっと痛みが落ち着いてきた。
こういう時は、PC作業は慎み、おとなしくしているしかない。
アンドロイドでついった~でブツブツつぶやいたりはしてたんやけど・・・。

私には、時々、こういうヒドい頭痛がやってくることがある。
今日より症状のヒドい場合は、食べたものをもどし倒し、挙げ句の果てに胃液までもどす。
まったく、身動きが取れない。

実は・・・奈良で小学校の先生をしていた叔母が、脳腫瘍で亡くなっている。
心配したわが父・兄弟が「専門医に診てもらえ~!」と言うので、近所の頭痛外来に行ってきた。
この頭痛外来、元々はお父さんドクターの時は普通の内科・小児科だったのだけれど、息子ドクターが大学病院を退職して跡目を継いだ時に、自分が専門にしていた頭痛外来も一緒にしたのだ。
しかし!小児科が少なくなっているので、小児科もやってるんだよ~!というアピールなのか・・・。
病院の名前は、とっても子供ウケしそうな名前になったのだった。
多分、頭痛外来がある、なんて病院名だけでは誰も想像がつかないと思う。

頭痛外来で息子ドクターに、症状・奈良の叔母のこと等々話すと・・・。
「万一の場合も考えて、レントゲン・CT・MRI全部やるよ、いいね?」と言われる。
こちらとしては、ただひたすらお願いするしかない。

で、結果としては・・・。
脳出血の兆候もなく、脳腫瘍も見当たらず・・・。
生まれて初めて、自分のノ~ミソの画像を見たけど・・・何が何やら、さっぱりわからない。

息子ドクターによれば、画像から判断すると悪性疾患の可能性はないので、症状から考えられるのは・・・恐らく偏頭痛と肩こり・首こりからくる緊張性頭痛の混合型ではないか、ということだった。

厄介なのがこの対処法で、緊張性頭痛オンリーなら、凝った筋肉を温めて血行をよくしてやればいいのだけれど、偏頭痛は血行良くしすぎると却って症状が悪化することもあるので、温めすぎもよくないんよね、私の場合・・・。

というわけで。
この状態になると、首・肩にインドメタシンなんぞを塗り込み、鎮痛剤を飲み、頭痛が収まるまでおとなしくいているのがデフォルトになってしまった。
まあ・・・半日~1日で収まってるからまだいいけどね~。
これが何日も続くんじゃ、たまらんわ~。

頭痛持ちは一度頭痛外来受診しよう~。

 - 日常のつぶやき