留学は 邦人少ない 地域よし・・・。

      2016/12/18

密林マケプレで外国人のお客様にお求めいただくこともあり、英語でサンキュ~レター作ったわたくしめ。
しかし!せっかく作ったのに、作ってから使う機会が全然来ない(@_@;)
ま、そのうち日の目を見るでしょうけど・・・。
ホビー系の商材(フィギュアとかさ~)扱う量が増やすと、もっと使用機会が増えるかもしれないなぁ。

これから輸出入ビジネスを始めよう、とか思っている方でなくても、英語は最低限必要だと思います。
グ~グル翻訳でWEBページを翻訳すると、思わず杉下右京警部のように「はい~?!」と言いたくなるような翻訳文が出てきたりしますし。
読み・書き・おしゃべりはできるようにしたほうがいい、とわたくしめは常々思うのでございます。
おしゃべりはまあ・・・ネットビジネスやってる分にはあんまり必要ないじゃん!とツッコまれるかもしれませんけど、そのうちネットビジネス仲間と海外一緒に行ったりするかもしれませんでしょ?
そういう時に、英語で意思表示できたほうが自分の身を守ることにも繋がりますしね。
海外は水と安全、タダじゃないので(最近、日本国内もそうなりつつありますが・・・)。

さて・・・。
では、どうやって英語で意思表示できるように訓練するか、と言うと。

まず、単語・熟語・例文などを覚える。自分の頭にインプットしまくる。
国営放送のテレビ・ラジオの語学講座とか、大学受験生用の教材(DUOはオススメ)とか、安~いヤツを上手に利用しませう。
それから、覚えたそれらを使って英語でなんか文章書いてみるなどアウトプットしまくる。
ただ暗記してるより、覚えたそれらを使うと自分の身につくのが早いのでございますよ。

一番手っ取り早いのは、英語でないとコミュニケーションできないような友人・知人を国内で作ってしまうことですが、なかなかそれもムズかしいでしょうから、日記書いてみるとか、twitterで1日1回英語でつぶやく、とか。
間違っててもいいから、どんどん英語でアウトプットしてみる。
日本人にありがちなのが間違ったら恥ずかしい・・・という気持ちが先にたってしまうことですが、その気持ちに負けてしまっているといつまでたっても英語(に限らず他の外国語も)はおしゃべりできるようになりませぬ。
ネイティブでも怪しげな文法だったり、言い間違いはよ~くあることですし。
発音も、同じアメリカ・イギリス国内でも地域によって違ったりもするし。
(日本にも方言ありますでしょ?)

海外に短期語学研修に行く、というのもひとつの手ですね。
ただし!
日本人の少ない地域を選びませう。
知人の経験ですが、日本人の多い地域に語学研修に行き、他の国から来た人たちと英語でコミュニケーションしたかったのに、ホームシックにかかった同じ日本人にべったりと依存され、習った英語を使う機会がほとんどなく、何しに行ったのかわからない・・・という状況に陥ったことがあるそうで。
せっかく海外に勉強に出かけたのに、これじゃ行った甲斐がありませんね・・・。

英語(に限らず外国語)はツールですよ、ツール。
ムズかしく考えすぎて構えないのが一番。

習うより慣れろ!ですよ~♪

 - 英語もツール