Googleの 2段階認証 やっておけ。

      2016/07/10

所用から帰宅して、調子の悪いAndroid携帯を見たら、
なんかヘンテコなメッセージが出ている。
なんやろう?今までに出た不調と違う。
そう訝しみつつ、画面を覗き込む。
そこに出ていたメッセージ。
シゲシゲと眺め、嫌な汗が噴き出した。

それは、Googleのパスワード変更しようとしてる?と、
Google先生が確認しようと自動で送ってきたメッセージだった。
しかも、3件も!

プライベートのアカウント、オシゴト用のアカウント、
このへっぽこアホアホサイトの問い合わせ用アカウント、合計3つ。
それらのパスワードを変更しようとしているか?というメッセージだったのだ。

海外で大量にgmailのアカウントのパスワード流出があった時、
以前不覚にも顔本のアカウントを乗っ取られたことがあったので、
めんどくさいな、と思いつつも、Google2段階認証をやっておいた。
ちなみに、顔本を乗っ取られた時は、普段日本国内からしかログインしないのに、
米国でログインしたのを不審なアクティビティと認識した顔本が、
ログインを強制的にシャットダウンしたので、大きな被害には会わずに済んだ。

それで懲りているので、Googleのアカウントに、2段階認証を設定。

大雑把にいうと、誰かが悪意を持って私のgmailのアカウントを乗っ取ろうとして、
パスワードの変更をしようとしても、できないようにしてある。
私の手元にあるガジェットを使わないと、本人認証ができないので、
Google先生に弾かれてしまう。

その不審なアクティビティの通知が、Android携帯に来ていたのだ。

ぞぞぞ〜〜〜っ。

やっといてよかった、2段階認証
詳しい設定方法は、こちら

ネット上のセキュリティ対策、やってやりすぎることはない。

WordPressのセキュリティ対策も、顔本やTwitter、そのほかのSNSも。

心のどこかに、「大丈夫なんじゃないかな」と思う隙は、誰にでもある。

特に、女性は「ほかのヒトはともかく、私は大丈夫」と思いがち。
でも、その考えに、どんな根拠があってそう思える?

再度繰り返すけれど、ネット上のセキュリティ、やってやりすぎることはない。

アカウントを乗っ取られないように、対策を施す。

アヤシゲなアプリ、やたらと連携認証しない。

水と安全、タダじゃない。

自分の身は、自分で守らないとアカン。

私に起きた出来事、あなたに起きない保証はどこにもない。

というわけで・・・、

Googleの2段階認証やっておけ。

今すぐに!

 - PC研究会?, ネットに潜む危険