ジュンク堂 三省堂と 睨み合い

   

今月の20日。
世間的には、海の日であるその日。
池袋にある、リブロが閉店になる。
twitterでかぴばら堂さんがつぶやいたのを見て、
あそこが本店やのに、閉店してしまうんか・・・。
あれだけの店舗面積、跡地どないすんねやろ?
そう思っていたら、今日、跡地の利用方法、判明。

続きを読む前に愛ある応援ポチッとな♪
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ
にほんブログ村

跡地には、居抜きで、三省堂書店が入居するそうな・・・。

実は、池袋西武百貨店には、別館を丸々占めているリブロ以外に、
もう一軒、新刊書店がテナントで入居していた。

それが、三省堂書店。

池袋西武の本屋といえば、リブロというイメージが強いし、
入居しているのも上層階なので、知らないヒトの方が多いかも。

そのおかげで、リブロで売り切れてしまったものが、
ひょっこり残っていたりする、穴場のようなところでもあった。

リブロの跡地に、三省堂書店が入居するなら、上層階の三省堂は、
なくなっちゃうのかしらん?

そう疑問を抱きつつ、その情報を読み進めていくと、
上層階の三省堂もそのまま、リブロの跡地にでっかく店舗も出し、
池袋西武の中に、三省堂書店が2店舗、という状態にするんだとか。

そうなると・・・。

池袋駅に直結するリブロ跡地の方と、上層階の方では客層も違ってくるやろうから、
ラインナップも少し違ってくるんやろうか。

リブロは、斜め前にできたジュンク堂書店との戦いに敗れて、
閉店に追い込まれたようなもの。

椅子を置いて「じっくり、読みたい本を選んでください」という態度で、
支払い方法も、現金・商品券・図書カード・クオカード・クレジットカードと、
お客が好きなモノを選択できるジュンク堂。

それに対して、リブロは、クオカードが使えなかった。
現金・図書カード・商品券。クレジットカード。

私のピアノのお師匠様も、ジュンク堂でクオカード使える、というのは知らなかったから、
支払いに使えるのを知らないヒト、結構いるのかも。
他の大手書店でも使えるんやけれどね、クオカード。

そういう、お客の利便性、でも負けてしまっていた感のあるリブロ。

ジュンク堂にかなり、客足を奪われてしまっていたに違いない。

逆にそれが幸いして、ジュンク堂で売り切れているものが、
リブロには残ったりしていたけれど。


人気ブログランキングへ

まあ、リブロの跡地に三省堂が入る、ということは・・・。

古書店主の誰かが、twitterでつぶやいていた、
(かぴばら堂さんか、うさぎ書林さんか、よみた屋さんやと思うけど、思い出せない)
西武池袋での古本市、今後も存続する可能性、出てきたんじゃないかなぁ。

そんな希望を、抱いた今日。

その西武古本市も、もうすぐ開催。

そして・・・。

ジュンク堂と三省堂の明治通りをはさんだ睨み合いも、
もうすぐ、火蓋が切って落とされる。

どうなることやら。

新刊書店の経営、ホンマに大変よね・・・。

 - せどり, せどりと日常のつぶやき