新品の 雑誌せどりの 勝負どこ

      2015/12/08

密林様で、在庫切れのとある雑誌。
在庫切れ直後は、出品社数も少なく、定価の倍以上。
ただ、雑誌自体が結構重い。
DM便では発送できず、FBAに送っていたら、おそらく、機会損失する。
新品の雑誌せどりは、スピード勝負。
そう判断して、仕入れずに眺めていた。
すると・・・。

次から次へと出品者が増えていき、相場が下がる、下がる。

出品者数が増えると、相場が下がる。
ものの見事な、反比例。

さらに眺めていたら、お約束の空売り屋さんたち登場。
在庫を持っていないのに出品だけはして、
注文が入ったら、仕入れに行くヒトたち。

でも、巷に在庫がないものの場合、
お客様を1週間近くお待たせした挙句、在庫切れでキャンセルすることもままある。
だから・・・。
このテの出品者は、評価の欄を読むと、見分けやすい。

話がそれてもうた。

こういう、空売り屋さんが出品してくる、ということは・・・。

裏返せば、探せばまだ在庫がある実店舗がある、ということでもある。

出品を見送った雑誌も、我が家の近所の新刊書店、在庫切れのところが何件かあった。

でも、まだ平積み状態の実店舗もあったのよね。
しかも、在庫切れ、の店舗のすぐ近くで。

ないない、と言っていても、ちょっと視点を変えるだけで、
「あら、こんなところに在庫が」ということはよくある。

実店舗で在庫を探すときは、
視野を広く持ち、思い込みは捨て去ってしまえ!

じゃあ、その雑誌を仕入れてきたか、と言うと・・・。

この雑誌、出品するのはめんどくさい。
自己発送する場合、DM便が無理なので、ゆうメールにするしかないけれど、
我が家は特約契約していないので、郵便局に行くのがめんどくさい。

期間限定社蓄業の身の上、郵便局に行くのも至難の業、であ~る。

計算すると・・・それだけの手間隙をかけても、純利が寂しいことになる。

一時期の「文学界」みたいに、定価の4~5倍までプレ値化していれば、
一考の余地あるけれど、
時給換算すると、コンビにでバイトしたほうがいいかもしれないぞ・・・。

そんな純利しか出てこない感じ。

そう判断して、私物分のみ、購入。

改めて、密林様の商品ページを見てみる。

昨日より、さらに相場が下がっている。

私があっさり新品入手できたように、空売り屋さん以外の出品者も、
在庫確保したヒトたちがいたってことやね。

この雑誌でそれなりの利益を出せたヒトは・・・。

発売直後で密林様品切れ起こしたときを見逃さず、
自己発送でさっさと出品し、出品者数が増え始める前に、
仕入れた在庫を売り切ったヒトたち、やろう。

仕入れ数も、短期間で売り切ることができるよう、数を多くはしなかったはず。

新品の雑誌せどりは・・・。

スピード勝負、欲を出しすぎるな。

単行本出た後も相場高めやったけれど、ずいぶん下がったなぁ・・・。

 - せどり, せどりノウハウ